美容師の求人について、どこで探して何を求めているのか

美容師
coffeebeanworks / Pixabay

美容師の求人について

美容師を探すには、求人をだすにはなにがおすすめ?

求人を出すには一番早いのは、お店に「美容師募集」と張り紙をすることです。
近くの美容師や、取引のあるメーカーなど、一番近い人たちにPRすることができます。

他には自社のホームページに掲載することです。
求人の出し方として重要なのは、どこで(エリア)、どんな(職種)を募集しているかです。

求人を探している求職者は、「求人,何何駅,美容師」などといって調べるからです。

美容室のサイトは、どおしても見た目や表現に意識しすぎているので、一般の人にはわかりにくい、検索エンジンにもわかりにくい傾向があります。

ここは妥協して、ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいようにしてあげましょう。
良い求職者をいかに早く見つけることが重要だからです。

お店で募集の宣伝をする場合

美容師募集の張り紙をしましょう。
A4用紙に一文字つづ5マイで作るのが良いでしょう。

近所に美容専門学校があれば、そちらにも挨拶がてら行くのも良いでしょう。卒業生で転職活動をしているかもしてれません。

ネットで宣伝する場合

自サロンのホームページでまずは宣伝しましょう。

(エリア)の美容室○○○でシャンプーが上手な美容師を募集中!

シャンプーや、マッサージなど、ちょっとした違いの美容師を募集という方が探している人には引っかかるという感じがするそうです。(求人系web担当者いわく)

求人情報のサイトを見て、全く同じように伝えることをまとめていけば良いでしょう。

最近話題のindeedで見て見ましょう

美容師の求人・転職情報 | Indeed (インディード)
Indeed.com で美容師の19,904件の検索結果: 美容師などの求人を見る。

美容師のフルタイムの求人です。

1:即日勤務OK 交通費支給 昇給・昇格あり
※まずはポイントとなることが書いてあります。

2:社名、勤務地、給与、雇用形態
※次に基本情報てきなことが書いてあります。

3:仕事内容アピールポイント、求める人材、勤務時間、アクセス、福利厚生、その他
※最後に気になったら読む、詳細が書いてあります。

このように求人系のサイトを参考にすれば、求人情報に何が必要で、ユーザーはどのような情報を求めているかが判断できます。

参考にして自社のサイトや自サロンに応用してください。

求人サイトなど

■リジョブ https://relax-job.com/

■リクエストキュージェーナビ https://www.qjnavi.jp/

求人に費用はつきものです。大きな全国展開しているサロンは求人情報サイトやイベントが良いといえます。
そこまでコストをかけられない方は上記で挙げた、自サロンからの発信で見つけて行くのが近道です。

SNSなど自分のネットワークを生かすことが求められそうです。