美容専門学校の種類。美容師を目指すにはいつから?

専門学校

美容のお仕事は人気がありますね。男性美容師はもちろん、女性にとっても美に関わるお仕事は憧れです。将来、美容のお仕事をする場合は、美容専門学校に進学することが必要になります。美容といっても職種によっては、美容専門学校を卒業いなくてもできることがありますが、美容に関するどんな方向へ進んでもいいように、美容専門学校はいくことが望ましいといえます。

美容専門学校の種類 は?中学卒業、高校卒業、大学や社会人経験をしてから美容師を目指す方もいる

昭和の頃、中学校卒業と同時に美容師になるために働きはじめる人がいました。今はそんなイメージはあまりなくなりましたね。現在では、高校卒業でないと入れない美容専門学校があります。また美容師免許と高校卒業の両方が取得できる学校があり、中学校卒業と同時に美容師になることと高校へいくことの両方の夢を叶えることができます。通信教育で学ぶこともできるので、高校や大学に通いながら、またお仕事に就いてから美容の勉強を始める人もいます。進路の選択肢はいろいろあります。

「美容師になりたい」と思う人は、小学生の頃からいますね、幼稚園の子でもいるかもしれません。実際に美容師を目指すという進路を決めるのは、一般的には高校生の頃が多いでしょう。卒業後の進路で美容専門学校に進学するためには、適したタイミングといえます。ですが実際には、美容師を目指すには何歳でも良いといえます。やはり社会人になりお仕事をはじめてから、美容の仕事に興味を持ち「美容師になりたい」と考える人も多くいらっしゃいます。そんな時には、通信教育で学ぶという選択がありますし、もし事情が許せば昼間や夜間などもあります。ですからなりたいと思った時が良いタイミングといえます。

・自分に合った美容専門学校の特色を理解して美容学校に進学しよう

全国にはたくさんの専門学校があります。それぞれの特徴や特色、力を入れていることなどが違います。学費も様々になります。美容免許を取得するための国家試験対策を学ぶことはもちろん、その他にネイル、エステ、ブライダル、芸術的なデッサン、ヘアーショー、また海外研修がある学校など、様々です。ご自分の将来の夢や希望、学費、住んでいる場所から通いやすいなどを目安に選択すると良いでしょう。学校案内などの資料を取り寄せたり、実際に学校に見学に行くなどをして、フィーリングや雰囲気が自分に合う学校を選ぶと良いでしょう。

美容の仕事といっても美容師はもちろん、広く考えるとファッション関係やエステ、美のスペシャリストなど様々です。その進路はその人の夢や希望によって、その可能性はあらゆる分野に広がります。その一歩、ステップとしての専門学校と考えると良いでしょう。学校に通いながら、また様々な人と知り合いコミュニケーションをしながら、ご自分の将来の夢や展望、やりたいことなどがみえてくるものです。

・美容師として働くには国家資格が必要。決まった学校を卒業しなければ受験資格が得られない

学校を選ぶ段階では、ご自分の年齢や立場、経済的な事情などを考慮し、またやりたいことができる学校を選ぶと良いですね。美容師として髪の毛をカットしたり、カラーやパーマをかける仕事をしたい。芸術的なことやデザインを学びたい。エンターテイメント関係に進みたい。エステティシャンになりたい。海外に行って勉強したい。それぞれの夢や願いがあります。そのようなことを叶えてくれる学校を選ぶとこと。学校での経験や学びはとても貴重です。良い思い出にもなりますし、たくさんのことを吸収できる大切な時間になるでしょう。

実際に美容師になるためのことを考えると、実は学校はあまり重要ではないという側面があります。学校はあくまでも美容師の免許を取得するために必要なステップであって、大切なのは、卒業してからどのような場所でどのようなキャリアを積んでいくかなのです。お店に勤めることや美容師の先生や先輩に技術を教えてもらいながら、技術者としてのテクニックを覚えていきます。また接客というサービス業としての難しさがあります。はじめた当初は下仕事やお掃除ばかりをさせられることが多く、華やかなイメージとは程遠いですね。それを乗り越えた、いろいろな技術ができる美容師になることができます。

美容師として仕事をするためには、美容免許を取得する必要があります。この国家試験は、しっかりと勉強して準備していれば難しいものではありませんが、やはり何もしないで合格するということではありません。きちんと学び、まじめに準備することが大切です。

・美容師の経験を生かして多様な業種で働ける

働き方の多様化など、仕事についても様々な進路やキャリアがあります。何かの職業を目指し就職したとしても、その後、違うことに興味を持ったり転職を考える方が多くいらっしゃいます。美容の仕事についても多様化していて、美容師だけではなくエステティシャンやリラクゼーションサロンで働くなどの選択肢などもあります。ご自分の仕事を一つに限定するだけではなく、あらゆる可能性を考え見つけチャレンジしていくことが、複雑な社会を生きていく秘訣かもしれません。美容専門学校への進学についても、そのような選択の一つといえるでしょう。

合わせて読みたい2年間で学ぶことと学べないこと→