美容師免許について

専門学校
StockSnap / Pixabay

美容師にとして職に就くには、美容師免許が必要です。

国家資格:美容師免許
厚生労働省:美容師免許国家試験について

入所資格 高等学校卒業者(当分の間は中学校卒業者も可)
修業期間 2年以上(通信課程は3年以上)

最低でも2年間は専門学校などで学ばなければなりません。
通信では3年間で、通常の美容科より学費が少なくて済みます。

美容師として最短で働きたい、と思っている方は美容室で働きながら美容師免許の取得サポートをしてくれる美容室に行くと良いでしょう。

美容師としては働くことはできませんが、受付やバックオフィスで働きながら、美容室の雰囲気や働く人たちとのコミュニケーションなどがとれ、新卒で何も知らないまま働くよりは何歩も先に進んで美容師としてスタートができます。

美容業界では、人手不足の美容師、そして離職率の高い美容師ですが、あらかじめ職場やサロンがどのような雰囲気なのか、仕事はどんなのかを肌で感じることができるので、無駄に専門学校にいき、時間と膨大な学費を無駄にすることがありません。

アルバイトなどで美容室の雰囲気をつかめていて、働きたいなと思ったら美容専門学校に通うのもひとつの案です。

受験資格、試験日程

財団法人理容師美容師試験研修センター | 試験

美容専門学校

全国の美容専門学校一覧
都道府県別、前回の美容師免許国家試験の受験者数がわかります。

美容師免許でできること

美容業を行えます。
(美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされている。出典:厚生労働省 美容師法概要)
アイラッシュができます。アイリストになれます。
カラーリストになれます。ヘアカラー専門。
訪問美容など、福祉介護に活かせます。