美容専門学校の学費 はどのくらい?学費は安いけど教材費は別だった!?

専門学校

美容専門学校の学費について

華やかな美容関係のお仕事に就きたいと考える人が多く、とても人気があります。女性にとって美しさを追求することは憧れですし、男性にとっても美容師はかっこいいイメージがあります。

そんな美容師になるためには、美容専門学校を卒業して美容師国家試験に合格し、美容師免許を取得する必要があります。美容師専門学校の学費は、学校ごとに違いがあります。おおよそで、昼間2年間のコースで200万円から300万円位になります。この中には、入学金、授業料、施設の維持費、教材費などが含まれていることが多いのですが、選択する授業や課外授業、また海外研修などに参加すると、その分の費用がかかります。

シザーなどの道具も結構高いです

美容師のお仕事には、様々な道具が必要です。これらは美容専門学校でも使用するので購入します。ハサミやくし、ブラシ、ドライヤー、パーマやカラーの道具などについてもそろえていくことになります。また練習用のウィッグや、美容師国家試験に使う道具やその費用などにお金についても必要になるので、道具や教材、試験に費用など50万から100万円位をみておいた方がいいでしょう。

ファッションやメイク、ネイルなど色々学べる学校はその分高めの学費になる

美容専門学校の費用を学校ごとに比較すると、おおよそは同じ位ですが、学校によって幅があります。人気があり設備が整っている学校や、美容関係で学ぶことのできる分野の選択肢、例えばファッションやヘアーメイク、ネイルなどのコースが充実している美容専門学校は学費が高いといえます。一般的な美容科は比較的学費が安い傾向があります。またお仕事をしている人など、昼間の学校に通えない人、また経済的な事情などには、通信教育で学ぶことができます。美容の通信コースは3年間の学費が60万円位で、お仕事をしながら学ぶことができるので、多くの人に学ぶ機会があります。ただ通信教育はスクーリング期間以外は自分自身で学ぶことになり、孤独な勉強になりますし、地道にコツコツと取り組んでいく必要があります。国家試験に関しても学校に行く時間が短い分、自分自身で学ぶことになるので、難しさがあります。国家試験対策としてのセミナーなど、他のスクールに通って学ぶ人も多いようです。

美容専門学校独自の奨学金を利用することも

美容専門学校の学費は安いものではなく、また学費以外の道具や教材費、消耗品などの費用があるなど、やはりまとまったお金が必要になります。その人の事情によっては奨学金を利用するなどの選択肢があります。学校が行っている独自の奨学金制度や特待生制度などがある所もあるので、調べた上で条件が合えば利用することができます。

一人暮らしなら学費同等の生活費が必要

学校に通うためには交通費がかかるなど、様々な費用が必要です。もし自宅から通うことができない場合には、一人暮らしや寮に住むことになり、その生活費がかかります。月々の家賃や光熱費、食費、通信費などを考えると一か月に5万円から10万円程、2年間だと安くても150万円から250万以上は必要になります。これらの費用を考慮すると、かなりの金額が必要なことがわかります。

実際は美容学校別の学費の差は少しだけ

学校によって必要な費用に違いがありますが、もし美容師を目指し美容師免許を取得することが目的なのであれば、設備や選択肢が豊富で特殊な授業のある美容系の学校や学科ではなく、一般的な美容科で十分でしょう。実際に就職する時に、自分のやりたい夢や希望に合った職種や分野を選ぶことができますし、お仕事を覚えていくには就職してキャリアを積んでいくことが大切なのです。

もちろん、ファッション関係や美容系の専門学校には、それなりに学ぶことができる価値があり、得られる経験や体験などが豊富にあります。海外研修旅行や様々なカリキュラムの授業など充実した学びの機会があることで、生涯の宝物になるような体験をすることもあるでしょう。これらについてもとても重要なことです。やはり自分自身が何をどう学びたいかによって、また経済的な事情や通いやすい場所であることなど、様々なことを考慮した上で、最適な方法や進路を選択することが重要です。

美容師は人を美しくする仕事。都会の生活でセンスを磨くか。実家通いで、自分への投資をするか!?

学校の費用は様々で幅がありますが、自分の勉強したいことがある学校や行きたいと憧れていた学校、また家の近くにあるなど選択の基準が多くあります。また専門学校生や大学生などは、社会勉強という意味でもアルバイトなどを積極的に行い、様々な経験をしていくことも大切です。美容師は人を美しくかっこよく、おしゃれにする職業です。自分自身がおしゃれにセンス良くしていることも勉強の一つ。そのためには、お洋服やファッションアイテムを購入することや、行きたい憧れの美容室行ってみるなども、とても良い勉強になります。そのような体験をするためにも、アルバイトなどでお金を得て社会勉強をしながら、いろいろな経験を積み重ねていくことが、美容師として生きていくための糧になるでしょう。

どんなことでも、将来の自分への投資になります。大切な未来を切り開いていくために、行動力やお金や使い、努力していくことが大切です。