美容専門学校の2年間で学べること!学べないこと。学校で学ぶのは基礎基本。国家試験を受けるため。

専門学校

美容専門学校は、美容に関わるお仕事をするために専門的なことを学ぶ学校です。美容師としてお仕事をするためには、美容師の国家試験を受験して美容師免許を取得しなければなりません。そのため学習時間が厚生労働省で定められています。美容師国家試験は学科試験と実技試験があり、これらの両方に合格して美容師免許が取得できます。美容専門学校では、主に学科と実技の授業を行っています。

・美容専門学校って何をまなべるの。

美容専門学校で学べることは、主要なこととして、美容師国家試験に必要な学科試験の科目と実地試験の技術があります。また美容に関わる様々な知識や技術について学習します。授業の科目は、関係法規、衛生管理、保健、物理化学、美容文化論、美容技術理論、その他に経営管理、労務管理、接客、マーケティングなどがあります。実習の授業では、カットの技術、パーマネントウェーブの時のワインディング、ローラーカールやローションを使ったセッティングなどがあります。

・美容業に必要な学科を学ばなければならない

学科授業で行われる科目は、国家試験の科目でもありますが、社会に出て美容師としてお仕事をしていくにあたって、必要な最低限の法律や物理化学の知識、薬剤の知識、管理や運営に関する知識、機器の種類や目的、使用方法などになります。関係法規は美容に関係する法律や制度などを学びます。衛生管理は公衆衛生や感染症の知識、消毒法など。保健は身体の構成や髪の毛、皮膚について。物理化学はパーマやカラーなどをするにあたって、薬剤の知識や使い方などを中心に学びます。

美容文化論は、美容の歴史や存在などについて、ヘアーやファッションについてを学びます。美容技術理論は美容の技術をするにあたって、そのテクニック、道具の使い方などについて理論づけて学んでいきます。経営管理や労務管理などについては、実際にお店を経営し運営していくために必要な実務管理の方法です。

・メインの美容実習!

実習の授業で学ぶことは、国家試験の中の実地試験に関する内容を中心に、その他、美容師が実際のお店で行っているデザインカット、デザインパーマ、カラーリングの基礎について実習しながら学びます。またシャンプーやマッサージ、ヘッドスパなどを取り入れていることもあります。

・学校で学ぶのは基本中の基本

このように美容専門学校では、国家試験の内容を中心として、美容に関わる様々なことを学んでいきますが、実際に
学校で学ぶことができるのは、基礎的なことになります。そういう意味で、美容師として仕事をしていくにあたって必要なことは、学校で勉強したことだけでは不十分であるといえます。

・美容学校では学べないこと。本当に必要な美容師のスキル

美容専門学校で学べないことは、お店やサロンで実際にお客様と接して技術を行うことであるといえるでしょう。もちろん技術やテクニックは、学校の中で教えてもらって練習することができます。ですが、そのままお店に入ってな何の訓練もせずにお客様に施術することはできないでしょう。お店の中で先生や先輩の仕事を見て勉強しながら、覚えていって少しずつお客様への施術を覚えていきます。ただ学校で技術を教えてもらって練習しただけで、できるものではないといえます。そのための訓練が必要です。

・学校で学べない美容師にとって最も重要な接客術

またお客様との接客についても、学べないことの1つといえます。やはり実践を通して学んでいきます。美容師はお客様の大切や髪の毛やお肌に触れてお仕事をしています。そのために必要な技術や接客方法は、やはり経験を重ねて実践の中で学んでいくことになります。

昔は、職人は師匠の下で何年も働きながら技術を習い覚えていきました。現代はそこまで職人かたぎということはありませんが、そういう側面があることは否定はできません。やはり美容師は技術職です。技術を覚えることについては、「すぐに短時間に」というわけではありません。お仕事をしながら時間をかけて、お客様の髪の毛に触れて満足していただくことができるお仕事を覚えていきます。

お客様とのコミュニケーションについても、学校では学べないことといえます。お仕事として美容師をしていく中でのことは想定外のことが起こります。その都度、柔軟に対応し対処していかなくてはいけません。お仕事をしながら様々な体験をし、経験しながら覚えていくものです。

・高度な技術や様々なスキルを取得して仲間と差をつける

学校で学べることは、あくまでも基礎的なことです。それですぐにお客様にカットやパーマ、カラーリングをしてお金をいただくことができるわけではないのです。

学校によっては、専門的な技術などを詳しく丁寧に教えてくれたり、ネイル、メイク、着付け、エステなどを学ぶことができます。それでもやはり、そこで学んだことをそのままお店の実践でできるわけではなく、かなりの時間の訓練期間を経て、お客様へ施術することができるようになります。

美容専門学校では、美容に関するいろいろな基礎的な知識や技術を学ぶことができます。それはあくまでも知識であり、マニュアルのようなものです。そしてその後、お店などで仕事をしながら、実践的な技術やテクニック、美容師として必要なことを身につけ学んでいくことができます。