美容専門学校 の選び方。合格率で選ぶ?生徒数で選ぶ?設備で選ぶ?通いやすさで選ぶ?

専門学校

美容専門学校の選び方は何を参考していますか?

美容師として働くためには、美容専門学校を卒業して美容師国家試験の合格し、美容師免許を取得することが第一歩です。美容師国家試験は筆記試験と実地試験があり、筆記試験は定められた科目を学校で勉強し、その内容から出題されます。実地試験は、美容の技術の試験になります。

年2回の国家試験

美容師国家試験は2月と8月に行われ、2月は専門学校在学中に試験が行われるので、美容師国家試験合格率が高めになり、80%前後になります。2月に不合格になってしまった場合に、8月の試験を受けることになりますが、合格率が低くなり、40%から60%になります。学校に在学している時の方が、様々な面において有利になるといえます。

美容専門学校は、厚生労働省により規定された授業が行われ、美容師国家試験に合格するために必要なことを勉強します。学校にとってはカリキュラムや学び方が様々で、美容師試験合格に向けての勉強に力を入れている学校もあれば、違う内容に重点を置いた授業や勉強に力を入れている学校もあります。

その人が将来どうしたいかによって、どの学校に進学するかを決めることが大切です。美容に関するどんな進路を選択するにしても、美容師免許は取れなければなりません。そういう意味では、学校を選ぶ時に比較する基準として、美容師国家試験合格率は目安にすることの1つといえます。

美容師国家試験は、学科の科目として関係法規・制度、衛生管理、保健、物理化学、美容理論などがあり、実地試験はワインディング、セッティング、カットなどを行います。それらの試験に合格するために、学校に通いカリキュラムを組んで計画的に学んでいきます。美容師国家試験合格率は学校によって違いがあり、その学校の勉強の進め方や熱意によって合格不合格が左右されることが考えられます。しっかりと試験に向けて勉強をし、試験対策をしていくように指導してくれる学校を選択することが重要になるといえるでしょう。

美容師国家試験合格率は1つの判断基準

美容専門学校を選ぶ基準には、様々なことが考えられます。美容師国家試験合格率は選ぶ基準の1つで、それ以外には生徒数、設備、通いやすさ、学費など。また中学卒業で進学する場合、高校卒業と美容師免許が同時に取得できる学校を選ぶなどのケースがあります。その方の年齢や環境、希望や進路により選択肢がいろいろあります。

生徒数や設備は、その学校によって様々です。東京や地方による違いもあります。その学校の校風や雰囲気、学びたい内容の設備があるなど、自分の希望に合った学校であれば良いですね。学校見学や体験入学などに参加してみることもできます。

金銭面で考えるのであれば、近くの実家からがベスト

自分の住んでいる場所、通いやすさは大切な要因になります。学費や交通費、生活費などをトータルするとかなりの金額がかかります。いろいろな道具を揃えたり、試験対策などにお金がかかることもあります。それらを考慮して、なるべく住んでいる場所から近い学校を選ぶことが賢明といえます。学費については、学校により金額に幅があります。やはり設備が新しく近代的な学校は学費が高めな印象がありますが、その分、美容に関する学びのバリエーションが多いなどがあります。ご自分がどうしたいのかをよく考えて、慎重に考えることが大切です。

美容師になりたいと美容専門学校入学を決めるタイミングや環境によっては、昼間ではなく、夜間や通信教育で学ぶことを選択することがあります。その場合は、夜間や通信教育がある学校を選ばなければなりません。インターネットで調べたり、資料を取り寄せるなどをして詳細を調べ、希望するコースなどの確認をします。

合格率が高いということは信頼に繋がる

美容師になるためには、美容師免許を取得しなければなりません。美容専門学校はそのために必要なステップといえます。美容師として働いていくために必要な実践的な技術やテクニック、ノウハウなどを、学校で教えてもらうわけではないのが現実をいえます。そのような観点から考えると、美容師免許を取得する手段としての場所ということが、とても重要になります。やはり美容師国家試験に力を入れ、合格率が高い学校を選ぶことが大切なことといえるでしょう。試験に備えた勉強の仕方やポイント、合格のコツなどを研究し、美容師国家試験合格率がいつも高いという学校は信頼できるといえます。

それらを考慮して上で、後は雰囲気やフィーリングが自分に合っているか。先生や生徒にはどんな人がいるか。ネイル、エステ、ブライダル、メイクなど目指している分野を学ぶことができるかなども選択する時に考えるポイントです。また卒業後の進路などについてしっかりと指導してくれるのが理想です。

美容師になるためには、美容専門学校に進学することや美容師国家試験合格は、はじめの一歩になります。本当に大切なのはその後の進路であり、仕事をして成長していくことです。乗り越えていくべき一つ一つをクリアし、明るく前向きな未来を切り開いていくことが大切です。